平成28年省エネ基準での評価に加えて、太陽の光や熱、風などの「パッシブ要素」を活用して温熱環境を総合的に検討するための省エネ診断エキスパートのオプション製品

パッシブ設計オプション

※本製品には省エネ診断エキスパートが必要です
省エネ診断エキスパートとパッシブ設計オプションの機能

【パッシブ設計オプション】は、平成28年省エネ基準での評価に加えて、自然エネルギーである太陽の光や熱、風などの「パッシブ要素」を活用して温熱環境を総合的に検討いただけるオプションです。 住宅の断熱性・設備などの基本的な性能に加え、全国836地点の気象データを活用して各種シミュレーションを行います。 隣棟や敷地、樹木等、日当たりに影響する周辺条件の入力も簡単にでき、シミュレーションではそれらの条件も考慮します。

本オプションは、東京大学 工学部建築学科 前真之准教授のご指導のもと、開発を行いました。

パッシブ設計オプションでできるシミュレーション

敷地・日当りナビ 隣棟を簡単入力。敷地空間への日影、日射の壁面への当たり方の確認
照度 各部屋の明るさを確認。天窓・吹抜けの採光効果のチェック
日当り 日影 周辺の遮蔽物(隣棟や樹木)による日影を3Dやアニメーションで表示
日照時間 日照累積時間を1日累計やアニメーションで表示
日射熱 気象データや部材の日射熱取得率を考慮した日射熱取得量を算定
3D太陽熱 建物の屋根や外壁、敷地に当たる日射量を3D表示で確認
日射断面図 軒・庇・隣棟・樹木などの遮蔽と季節による太陽高度を考慮
室温・
動的熱負荷計算
床暖房、薪ストーブ、ペレットストーブ、エアコン
太陽光発電 損益分岐や発電量、電気料金の収支をシミュレーション
通風 窓の開閉条件を考慮し風量や風速、通風経路を可視化

パッシブ設計オプションならここまでできる!

省エネ基準の適合は、あくまで建物自体の評価であり、敷地条件・周辺条件(日当たり)の違いにより、暖房期・冷房期の温熱環境や採光、発電量は異なります。断熱等性能等級4を満たしていても、日当たりが悪くて期待したほど性能効果感じられないということもあるかもしれません。
【パッシブ設計オプション】で実際の敷地や建物の周辺条件を考慮したシミュレーションを行い、設計すれば、実際にお住まいになる施主の満足度を高められます。

H28省エネ基準
パッシブ設計オプションによる特長
全体
建物そのもののみを評価
基準への適合判定
敷地・周辺条件(日当たり)を考慮した検討
暖房
日射熱
× 敷地情報や隣との関係を検討しない  隣棟等による日影を考慮した日射熱取得を検討できる
冷房
通風
× 通風について、詳細は検討しない
(換気回数のみ)
 風向・風力ごとに、通風経路、換気量を検討できる
 高窓の効果を検討できる
日射遮蔽
 ガラス自体の遮蔽効果と庇・軒等による遮蔽効果の概算のみ  遮蔽効果を季節・時刻ごとに詳細に確認できる
 室温への影響を確認できる
照度
昼光利用
× 検討しない  検討できる
発電
設備性能  発電量の計算のみ  損益分岐を検討できる
ダウンロード   オンラインショップへ
▲TOP