ホームズ君「構造EX」 長期優良住宅対応 許容応力度オプション(3階建て構造計算対応) (公財)日本住宅・木材技術センタープログラム認定取得済

住宅性能診断士 ホームズ君「構造EX」 許容応力度オプション

許容応力度オプション 木造3階建てまでの構造計算(計算ルート1、ルート2)に対応!
(公財)日本住宅・木材技術センター発行
「木造軸組工法住宅の許容応力度設計
(2017年版)」準拠

木造3階建てまでの構造計算(ルート1、ルート2)に対応!

3階建て構造計算対応 検定NGチェック機能 荷重3Dチェック 新グレー本準拠
※許容応力度オプションを利用するには、「構造EX」本体および伏図・梁せい算定オプションが必要になります。

許容応力度オプションの特長

新グレー本対応

(財)日本住宅・木材技術センター発行の
「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)」(新グレー本)に準拠

(公財)日本住宅・木材技術センター発行の「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)」に準拠しています。

  • 検定のフロー
  • 検定項目
  • 計算書、概要書、各図面の出力

高い信頼性

「 木造建築物電算プログラム認定」

「構造EX」(基準法・住宅性能表示)および許容応力度オプションは、(公財)日本住宅・木材技術センター発行の「木造建築物電算プログラム認定」を取得済みで高い信頼性が評価されています。

また、許容応力度オプションは、木質構造の学識経験者をアドバイザーに迎え、開発・検証を実施しております。

適用範囲

 以下の設計条件に対応しています。

  • 平屋~3階建ての木造軸組工法
  • 計算ルート1、ルート2
  • 立面不整形のスキップフロア(ゾーン検討)、大屋根
  • 平面不整形(突出やくびれ)
  • 斜め壁、間崩れ
  • 登り梁、母屋下がり

検定項目一覧

水平力に対する応力計算と断面検定、鉛直荷重に対する応力計算と断面検定、地盤と基礎の計算を行います。

検定項目の一覧

簡単操作の「住宅性能診断士 ホームズ君」

難解な許容応力度計算も、直感的な操作性と丁寧な解説でわかりやすさを追求しました。
意匠設計者の構造確認にもお使いいただけます。

難解な許容応力度計算も、直感的な操作性と丁寧な解説でわかりやすさを追求

伏図自動作成機能

伏図自動作成機能

床伏図・基礎伏図・梁伏図・母屋伏図が作成可能です。
平面図をベースに自動伏図機能で驚くほど簡単に短時間で作成可能。
チェック項目を修正していけば完成です。

▼伏図・梁せい算定オプションについての詳細はこちら

  • 全入力項目に自動ボタン付
  • 全自動作成機能
  • 手動編集も可能



伏図自動作成機能

荷重の流れと負担を3Dチェック

梁ごとに荷重の流れと負担範囲が3Dで確認でき、梁せいの負担根拠が直感的にわかります。
荷重の流れと負担を3Dチェック

検定NG一覧機能  New!(2016年8月リリース機能改良)

許容応力度計算における「検定NG一覧」を表示します。
指定の検定比を超える箇所を表示対象とするなど条件を設定することで、検定NGの箇所だけでなく、ぎりぎり検定OKの箇所など、検討や注意が必要な箇所を簡単に確認でき、建物全体の安全性の確認もより効率的に行えます。
また、一覧表示している項目を印刷することも可能です。

検定NG一覧画面 検定NGチェック条件設定
検定NG一覧を印刷検定NG 3D表示

検定NG箇所を3Dでチェック

検定後、NG項目リストをクリックすると、該当箇所が3D上で赤く表示されます。
同時に、計算書内のNGページに移動しますので、修正作業がしやすくなっています。

 検定NG箇所を3Dでチェック

検定NG解消アドバイス

許容応力度計算を実行し、検定NGとなった項目について、解消するためのアドバイスを確認できます。

検定NG解消アドバイス表示機能

Q図、M図出力機能

水平構面の検定NG項目を解消する上で有効なQ図、M図の出力が可能です。

Q図・M図出力

リアルタイムQ図

PDF

水平構面の検定結果を視覚的に確認でき、耐力の低い個所や強化すべき個所、壁のバランス等が一目でわかります。入力の都度リアルタイムに結果が更新されるので、効率的な設計が可能です。

また、Q図の結果は帳票でも確認することができます。
(以下のリンクよりサンプルがご覧いただけます)

PDF帳票サンプル(PDF形式)

リアルタイムQ図

基礎の鉄筋本数・ピッチ自動算定機能

基礎梁の主筋本数と補強筋のピッチ、べた基礎底盤の鉄筋のピッチを設定条件から自動算定します。 算定結果を編集し検定することも可能です。

べた基礎の基礎梁の個別設定画面

アンカーボルト自動配置機能

柱からの位置などの条件を設定するだけで、条件にあったアンカーボルトを自動で配置します。 またホールダウン金物の位置にはM16のアンカーボルトを自動配置可能です。

アンカーボルトの自動配置設定

任意の柱・横架材の樹種が追加可能

標準的な樹種一覧に無い樹種を用いる場合や、地域材などで標準的なものと強度が異なる場合などで、樹種を追加登録することでより実状に合った計算が可能になります。

柱・横架材の樹種を追加

チェックしやすい構造計算書

帳票サンプル
  • 新グレー本のサンプル計算書に準拠
  • 章ごとに解説を盛り込み、わかりやすい
  • 計算式を表記しているので、根拠も確認しやすい

チェックしやすい構造計算書 検定の解説 ※新グレー本中の参照箇所も明記 "検定の解説 計算書
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。

充実のヘルプ機能

許容応力度計算がはじめての方でも、学習しながら入力できる充実のヘルプ機能です。

充実のヘルプ機能

「よくわかる許容応力度」

許容応力度計算モードの画面から、ヘルプ機能の「絵でみる許容応力度」を表示でき、検定項目をわかりやすい図で確認できます。
また、検定項目をクリックすると、該当する解説が表示され、さらに解説の右上には新グレー本の関連ページNo.も明記されるので、新グレー本での確認等を行いながら操作を進めたい方は効率がアップします。

よくわかる許容応力度画面


ダウンロード   オンラインショップへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加