ホームズ君「構造EX」 長期優良住宅対応 許容応力度オプション(3階建て構造計算対応) (公財)日本住宅・木材技術センタープログラム認定取得済

住宅性能診断士 ホームズ君「構造EX」 データ連携機能

住宅性能診断士 ホームズ君「あっと簡単見積」データ連動機能

住宅性能診断士 ホームズ君「あっと簡単見積」と組み合わせてお使いいただきますと、「構造EX」で作成したプラン(CADデータ)を見積ソフト「あっと簡単見積」にデータ連動し、金物数量や木拾いした数量の自動集計を行うことができます。入力の手間を軽減し、より詳細な積算を簡単に行うことができます。連動したCAD情報は「あっと簡単見積」で追加・変更して、数量を集計することも可能です。

※本機能をお使いいただくには、住宅性能診断士 ホームズ君「あっと簡単見積Ver3.0」以降が必要です。

住宅性能診断士 ホームズ君「あっと簡単見積」データ連動機能追加

DXFファイル出力(保存)・読込(下絵表示)

作成した図面をDXFファイルとして保存することができます。汎用性の高いDXFファイルは様々なソフトで読み込むことができます。
また、建物図面のDXFファイルを読み込んで下絵として表示することもできます。

DXFファイル出力(保存)・読込(下絵表示)

CEDXMファイルの入出力に対応

他社製CADソフトで作成したデータをCEDXMファイルを経由して「構造EX」に読み込んで使用することができます。

他社製CADソフトで作成したCADを構造EXに読み込み
構造EXに読み込み完了!CAD入力の手間が省けます


また、入力した建物のデータをCEDXMファイルに出力し保存することも可能です。

■ CEDXMに対応している他社製CADソフトはこちらでご確認ください >>>

3DマイホームデザイナーPRO データ連携機能

「住宅性能診断士 ホームズ君」は、3D住宅デザインソフト 3DマイホームデザイナーPRO メガソフト株式会社 )とのデータ連携に対応しています。

「住宅性能診断士 ホームズ君」で入力されたCAD情報を 3DマイホームデザイナーPRO (M3D形式)でお使いいただくことや、3DマイホームデザイナーPROで入力された間取り情報を「住宅性能診断士 ホームズ君」でお使いいただくことができ、入力データを相互に活用することができます。



対応製品

▼3DマイホームデザイナーPRO7、PRO8、PRO9に対応
住宅性能診断士 ホームズ君「構造EX」Ver.3.60~
住宅性能診断士 ホームズ君「耐震診断Pro」Ver.4.1.0.3~
住宅性能診断士 ホームズ君「省エネ診断」Ver.4.0~
上記以前のバージョンの対応状況についてはお問い合わせください。

連携可能なCAD情報

  • 壁、開口部(位置)、開口属性(開口幅・高さ)、部屋名称、屋根

注意事項

  • 3DマイホームデザイナーPRO7、PRO8PRO9 」のいずれかが必要です。
  • 3DマイホームデザイナーPRO7、PRO8PRO9 」とのデータ連動機能は、メガソフト株式会社が提供する「3Dマイホームデザイナー開発キット(SDK)」を呼び出すことで実現しています。
    ※「3Dマイホームデザイナー開発キット(SDK)」は「 3DマイホームデザイナーPRO 」の無償プログラムアップデートにより提供されるものです。

    このため、
    • 「3Dマイホームデザイナー開発キット(SDK)」の仕様や動作条件等が変更された場合
    • 「3Dマイホームデザイナー開発キット(SDK)」の提供が終了した場合
    には、「住宅性能診断士 ホームズ君」が提供する
    • 「マイホームデザイナーデータ読み込み」機能
    • 「マイホームデザイナーデータ書き出し」機能
    が使用できなくなる場合があります。あらかじめ、ご了承ください。
  • 「耐震診断Pro」Ver.4.1において、外部CADデータ連動機能は
    (一財)日本建築防災協会の「木造住宅耐震診断プログラム評価」の対象外の機能のため、
    この機能を利用して作成したデータでは、計算書(帳票)にプログラム評価番号が印字されません。


ダウンロード   オンラインショップへ

このエントリーをはてなブックマークに追加