ホームズ君「構造EX」 長期優良住宅対応 許容応力度オプション(3階建て構造計算対応) (財)日本住宅・木材技術センタープログラム認定取得済

住宅性能診断士 ホームズ君「構造EX」 設計支援機能

プレゼン機能

地震被害想定 3次元CG表示

品確法住宅性能表示の壁量計算、壁配置、耐震等級判定結果を元に、地震の被害を想定した建物の3次元CG表示が可能です。入力したCAD情報から、建物の3次元情報を自動的に作成するため、設計内容に応じた結果の確認が可能です。

3次元CG画面にて2つのプランを同時に表示(振動アニメーション)することができます。耐震性の比較が一目瞭然で、施主への説明時に抜群の説得力があります。

画像貼付・吹出入力

平面図に画像を貼り付けて、プレゼンテーション用の図面としてお使いいただけます。 吹出コメントも追加できますので、お客様への説明資料の作成にもお使いいただけます。

画像貼付・吹出入力 画像貼付・吹出入力

設計支援機能

等級ナビ(耐力壁自動入力)

等級ナビ(耐力壁自動入力)

4つの条件(目標等級、バランス判定、設計位置、壁仕様)を満たす最適なプランを自動作成することができます。
目標等級に関しては、「壁量」と「壁の配置」および「床倍率」を考慮した耐力壁自動入力を行います。

構造安全性チェック (壁量計算、壁配置バランス、N値計算、耐力壁線間距離、直下率)

構造安全性に関する項目(壁量計算、壁配置バランス、N値計算、直下率等)が設定した条件を満たしているかを確認するための機能です。チェックの対象となる項目は次の9項目です。

・壁量計算 ・偏心率 ・4分割法 ・N値計算 ・耐力壁線間距離
・柱直下率 ・壁直下率 ・耐力壁直下率 ・隅角部耐力壁無


チェック表で確認したい項目をマウスでクリックすると、CADおよび3D画面上の関連する部分が強調表示され、建物の構造安全性が一目でわかります。

偏心率 柱直下率 耐力壁直下率 壁直下率

リアルタイム壁量計算

耐力壁の入力の都度、リアルタイムで重心・剛心・偏心率・壁量計算を行い画面表示されます。 入力とアンドゥ(戻る)を併用することにより、最適な壁配置が可能です。

リアルタイム壁量計算

概算UA値  New!(2016年8月リリース新機能)

断熱レベルの目標(断熱等性能等級4、HEAT20のG1・G2)を選ぶと、各目標で推奨される部位ごとのU値(熱貫流率)の断熱仕様にもとづいた「概算UA値」(概算の外皮平均熱貫流率)を計算します。
平面図を変更すると、リアルタイムで「概算UA値」が再計算されます。
UA値の計算に必要な外皮面積も、一般的な条件を仮定して(※)、瞬時に自動計算します。
これらにより、設計の早い段階で、建物の断熱性能の把握や予測が可能になります。

※「概算UA値」は、条件を限定した計算であり、建物の実状と完全に合致するものではありません。
建物の実状にあわせた詳細な条件設定にもとづく計算は、住宅性能診断士 ホームズ君「省エネ診断エキスパート」(別売)で行うことができます。

長期優良住宅・住宅性能表示

長期優良住宅用「設計内容説明書」(Excel形式)

長期優良住宅の認定を受ける際に必要な「設計内容説明書」をExcel形式で作成できる機能です。
「構造EX」にて等級判定を行った内容を、「設計内容説明書(Excel形式)」に出力します。

Microsoft Excel形式に出力しますので、加筆・修正が容易に行えます。計算した結果を転記する手間を省くとともに、転記ミスなどを防ぎ、申請がスムーズに行えるようになります。

  • 「設計内容説明書」は長期優良住宅認定の際に必要となる書類(任意書式)です。
  • (一財)ベターリビング、住宅性能評価・表示協会発行の「長期優良住宅 認定マニュアル」に準拠した書式になっています。書式は基本的に任意書式ですので、他の評価機関でもお使いいただくことができます。
    なお、評価機関によっては、書式が定められている場合がありますので、詳しくは評価機関に直接お問い合わせください。
  • 本機能をお使いいただくには、Microsoft Excel2000以降が必要です
長期優良住宅用「設計内容説明書」(Excel形式)

耐震等級計算書

壁量計算、壁の配置、床倍率、接合部のチェック、基礎のチェック、横架材のチェックの計算結果をまとめた計算書の要約版(10ページ前後に要約)を出力することができます。計算結果の全体を概観いただくのに非常に便利です。

【PDFで確認する】

屋根入力

屋根詳細入力・編集

屋根詳細入力・編集

片流れ、母屋下がり、入母屋等、様々な種類の屋根の入力に対応しています。入力結果は3Dでリアルタイムに確認することができますので、イメージを確認しながら屋根を入力することができます。

また、詳細な屋根入力ができますので、見付面積もより正確に算出されます。

◆屋根入力例
屋根入力例

パラペット屋根対応

パラペットがある屋根の入力および建物の診断を行うことができます。
3D表示での形状確認も可能です。

※パラペットを入力すると、建築基準法における見付面積が、パラペットの形状に応じた面積となります。
 基礎・梁せい算定・許容応力度計算の荷重計算に反映されます。

パラペット3D表示

入力画面

屋根面高さ指定機能

数値を指定して屋根の高さを変更することができます。母屋下がりなどの屋根を入力する際は、地回りからの下がり寸法を指定するだけです。

便利機能

データ履歴表示機能

過去に使用したデータの履歴(一覧)を、メニュー画面からボタン一つで開くことが可能です。

充実のヘルプ機能

仕様規定や構造安全性チェック、伏図作成、省エネ対策等級等がよくわかるヘルプ機能が用意されています。 これらのヘルプを確認しながらソフトを操作していただくことで、構造設計や省エネルギー対策等級、伏図の作成方法等がみるみるわかります。

充実のヘルプ機能

お知らせ機能  New!(2016年10月リリース新機能)

「住宅性能診断士 ホームズ君」のバージョンアップや補助事業、技術情報、お得なキャンペーン等が、ソフト起動時に『ホームズ君からのお知らせ』として表示されます。

画面上に一覧で表示され(絞り込み表示も可能)、項目をクリックすると、詳細情報が掲載された ホームページへリンクします。

お知らせ機能


ダウンロード   今すぐ購入

 

このエントリーをはてなブックマークに追加